IT業界初心者でもわかるようにDNS(Domain Name System)の基礎をわかりやすく解説

基礎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

DNSは何に使う?

DNSとはDomain Name Systemの略であり、読み方は「ディーエヌエス」です。
日本語に直訳すると「ドメイン名システム」となります。ドメイン名に関するシステムということはわかりましたが、そもそもドメイン名とは何なのでしょうか?

まず、皆さんが何らかのWebサービス(例えばウェブサイト等)を利用するためには、そのWebサービスを
提供するサーバーを指定する
必要があります。
このサーバーを指定できるのがドメイン名です。

例えば、当サイトを例にご説明します。今御覧いただいているWebページは、ブラウザのアドレスバーでhttps://it-digital.net/about-dns-for-beginner/と入力すればアクセスできます。この「it-digital.net」の部分がドメイン名であり、この記事を提供しているサーバーを指定するものです。

では、なぜドメイン名だけでサーバーを指定できるのでしょうか?
実は、ドメイン名は裏でサーバーの住所に相当するIPアドレス(より詳しい説明はコチラ)に変換されているのです。
この変換のことを名前解決と呼ぶのですが、名前解決をまさにDNSが行っているのです。
名前解決ができなければドメイン名はIPアドレスに変換されず、サーバーの住所がわからないので、ドメイン名を指定してもWebサービスを利用できないというわけです。DNS、便利!

スポンサーリンク

そもそもなぜドメイン名を使うのか

いやいや、初めからIPアドレスを指定すれば良いのでは?と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ドメイン名を使うのにはいくつか理由があるのです。その内の2つについて、説明していきます。

覚えやすいしサービス内容が想像できる

IPアドレス(IPv4)はたとえば192.168.1.1のように4つの数字をドット区切りで表します。
電話番号もそうですが、これだとただの数字の羅列で、覚えにくいですよね。2~3個ならまだ語呂合わせか何かで覚えられたとしても、インターネットの世界には数えきれないほどのサーバーが存在します。それを全て覚えるなんて不可能ですよね。

ドメイン名なら、英単語のような意味のある文字列の場合が多いので覚えやすいですし、どんなサービスを提供するサーバーなのかも想像することができます。

ドメイン名がit-digital.netってことは、IT技術に関する情報を発信しているサイトなのね!

スポンサーリンク

間違えにくい

例えば200.〇.△.1にアクセスする際に、IPアドレス指定で200.〇.△.11のように間違えてしまうと、本来アクセスしたかったサーバーとは全く違うサーバーにアクセスしてしまうことになります。
別の例でご説明すると、例えばhoge@200.〇.△.1宛にメールを送りたかったとします。誤ってhoge@200.〇.△.11と入力してしまうと、全く別の人にメールが届いてしまうのです。他人に知られたくない内容が書かれていたら大変!
ドメイン名を使用すれば、hoge@hugaのように指定できるので、間違いを防ぐことができます。
このように、ドメイン名を使うことで入力ミスを防げます。IPアドレスの代わりに、人間にとって覚えやすく間違えにくいドメイン名を使用するのです。

DNSにまつわる豆知識

DNSで使用する(ウェルノウン)ポートは53です。
ちなみに、AWSのDNSサービスにRoute53というものがありますが、この「53」はDNSで使用するポート番号が由来だそうです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました