【断言】新卒・新入社員は会社近くの部屋に住むべき!理由3選

生き方
スポンサーリンク
新入社員
新入社員

新卒だから家賃は安く抑えたいなあ…

会社まで何分の距離に住めばいいのかな?

満員電車で通勤するのは嫌だなあ…

遅刻しないか心配!

上記の悩みや疑問を解決するための記事を書きました。この記事を読めば、新卒・新入社員が会社の近くに住むメリットを知ることができますよ。4月からの新社会人生活や研修期間後の部屋探しで迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

新卒・新入社員が会社の近くに住むべき理由 3選

筆者は現在新卒一年目で、職場の最寄り駅まで8分の距離に暮らしています。1年経過して、職住近接は心の底からオススメしたいと感じています。正直もうこの生活はやめられないです…。新卒・新入社員だと給料は低いですし、なるべく固定費である家賃を抑えたいと思いますよね。筆者もその気持ちはよく分かります。ですが、新人だからこそ、給料が低いからこそ多少無理してでも会社の近くに住むべきです。以下ではその理由を3つに絞ってお伝えします。

スポンサーリンク

その➀ 通勤時間は無駄でしかない

若い内の貴重な時間を通勤に費やすのはあまりにももったいないです。通勤時間をできる限り短くし、浮いた時間を自己投資に使いましょう。一般的なサラリーマンであれば、平日5日間は毎日会社に通いますよね。仮に通勤時間が片道1時間だとすると、1年間で20日分もの時間を通勤に当てることになります。

片道1時間通勤の場合

往復2時間/日

10時間/週

40時間/月

480時間(20日分)/年

こうやって具体的な数字で考えると、圧倒的に無駄だしもったいないということがわかりますよね。

新入社員
新入社員

通勤時間を有効活用して、スマホや本でインプットすればいいじゃん!

という意見もあるかもしれませんが、あえて悪条件の中で努力する必要はないと思います。特に東京など大都市圏の電車内は、通勤ラッシュ時は非常に混み合います。スマホを見るどころか、立っているだけで精一杯なんてこともザラです。ドア付近にいれば一度電車を降りてまた乗っての繰り返しでいちいち集中が途切れます。そんな修羅場みたいな環境で勉強して、果たして身に付くのでしょうか。それよりも、自宅や近所のカフェで落ち着いて勉強をした方がはるかに効率的です。

その② 心身共に余裕が生まれる

新卒・新入社員だと、最初はとにかく疲労が溜まります。

・会社という新しい環境に不慣れ
・年齢がひと回りもふた回りも上の上司との人間関係
・覚えるべきことが山ほどある
・思うように成長できない
・周りの同期と自分を比較してしまう 

上記はサラリーマンである以上、避けては通れませんしお金で解決できませんよね。そこに長時間の通勤が加われば、誰だって会社に行くのが憂鬱になってしまいます。でもお金を使えば唯一、通勤時間は短縮できます。職住近接によって、以下のようなメリットが生まれます。

職住近接のメリット

・朝の通勤がそれほど苦じゃなくなる。

・早起きする必要がないので、ゆっくり寝てられる

・万が一寝坊して電車では間に合わないとしても、タクシーを使えばいい。

・寝るときに翌朝の遅刻を心配しなくて良い。

・仕事で疲れても、早く帰宅して休める

・終電を気にせずに会社近くの飲み会に参加できる

・会社に忘れ物をしても気軽に取りに戻れる

・大災害で交通インフラが麻痺しても最悪歩いて帰れる

共通して言えるのは、肉体的にも精神的にも余裕が生まれるということです。その結果、仕事に全エネルギーを注いで最高のパフォーマンスが発揮できます。徐々に同期と差が生まれてきますよ。

その③ 休日が充実する

会社の近くに住むメリットは、平日だけにとどまりません。休日は買い物スポットや公園、文化施設に近くて移動が便利なんです。会社って、多くの場合ターミナル駅付近にありますよね。住宅街にあるのは稀です。ですから、休日も気軽に出かけることができます。貴重な休日まで、平日のように長時間電車に乗りたくないですよね。

新入社員
新入社員

遠くまで行くのは面倒だから家に引きこもろうかな

というのもありですが、せっかくの休日なら外に出て普段は経験できないことをして、人生を彩り豊かなものにしましょう。自分で稼いだお金で欲しかったものを買ったり、美味しいものを食べてストレス発散するのも良いですよね。取引先や顧客と話すときの引き出しやネタが増えますよ。

スポンサーリンク

まとめ: 新卒・新入社員は無理してでも会社近くに住むべき。

会社の最寄り駅まで8分の立地で暮らす筆者が、会社近くの部屋に住むべき理由を3つご紹介しました。若い内は吸収が早く、短期間でも成長が見込めます。小額の貯金をするくらいならば、多少無理してでも通勤時間を減らし、浮いた時間と精神的・肉体的な余裕を元に自己研鑽に励みましょう。休日も新たな刺激を沢山受けることで、人生が彩り豊かなものになりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました