【ぶっちゃけ】社内SEは未経験でも大丈夫?新卒で大手企業の社内SEとして働いて感じたメリット

生き方
スポンサーリンク

社内SEって未経験でもなれるの?

社内SEとして働くメリットって何?

SIerとどう違うの?

上記の疑問に答える記事を書きました。

この記事を読めば、新卒で社内SEとして働いた筆者が感じたメリットを知ることができます。また、社内SEがどんな働き方をしているのか概要をつかめますよ。

はじめに

筆者は早慶の大学院修了後、新卒で大手企業の社内SEとして働いています。もうすぐ1年が経つので、入社から現在までに感じた社内SEのメリットをまとめました。

就活生や第二新卒の方はもちろんのこと、IT業界に興味がある異業種の方の参考になれば幸いです。

メリット➀ 自社で使うシステムだから愛着が湧く

SIerはクライアントのシステム開発に関わるので、自分が担当したシステムに対して愛着が湧きにくいのではないかと思います。自社で使うシステムではないですからね。一度プロジェクトが終了したら今度は他のクライアントのシステムを担当することになるため、なおさらです。

一方で、社内SEが担当するのは自社のシステムだけです。システムの良し悪しで会社の業績に影響が出るわけなので、やりがいを感じます。自分の開発したシステムのおかげで業務が回っていると思うと、誇らしい気持ちになりますよ。無事、運用にのせることができたときには達成感や愛着が感じられます。

また、自社の業務内容に一番詳しいのは、SIerではなく社内SEです。普段から自社社員の働きぶりを見ていますし、社員との距離感も近く、気軽にコミュニケーションをとれるからです。SIerにはない視点から意見を出すことができるので、やりがいがありますね。ユーザーから直接、反応を聞けるのもメリットの一つです。「使いやすくて便利ですね!」といったポジティブな反応があれば素直にうれしいですし、「もうちょっとこうだったらいいんだけど…」といったアドバイスも次の開発に生かす材料になります。

メリット② プレッシャーが少ない

社内SEにとってのお客さんは、自社の社員です。直接的な金銭の支払いはないですし、同じ会社の社員なので、立場はフラットです。そのため、過度なプレッシャーはありません。一方でSIerはクライアントからお金をもらってシステム開発を行うので、どうしても立場が弱くなってしまいます。お金をもらっているとはいえ本来は対等な関係であるべきですが、現実はそうもいかないようです。例えば、納期に間に合いそうにない時や、当初の設計通りに作られていない場合、テストでたくさんのバグが発覚した場合などは、SIerは早急に対応せざるを得なくなります。一刻でも早く問題解決をするために、残業続きなんてこともあります。

メリット③ 業界や自社の給与体系に乗っかれる

給与水準の高い業界や会社で社内SEとして働けば、同じように高い給料をもらうことができます。もちろん、社内の花形部署よりは若干低くなりますが、それでも他のSIerに比べると多く給料をもらえると思います。給与水準の高い業界といえば、例えば総合商社、不動産、マスメディア、広告等ですね。

採用人数はかなり少ないと思いますが、社内SEの存在自体あまり知られていないためかなり穴場なのではないでしょうか。

デメリットとしては、転職がしにくいことが挙げられます。なぜなら、今と同水準かそれ以上の給料をもらえる転職先は少ないからです。前職の給料が高かったからというだけの理由では、給与交渉に失敗してしまいます。社内SEとして突き抜けたスキルを身に付け、高い給料をもらうに見合った人材に成長する必要がありますね。

メリット④ 生活が安定する

社内SEは、勤務先が固定の場合が多いです。ちなみに筆者の会社では、出向しない限りは転勤はなく、東京本社での勤務です。SIerですと客先に常駐したり、そうでなくとも頻繁にクライアントの会社へ出向くことになります。自社と客先が離れていると、時間を浪費することになりますよね。社内SEであれば、毎日決まった場所で仕事ができるため、そうした煩わしさがありません。

勤務時間に関してもクライアントに合わせる必要がないため、基本的に毎日同じ時間に出社して同じ時間に帰ることができます。

また、一緒に仕事をするメンバーも固定なので、新しく人間関係を構築する必要も、顔や名前や性格を覚える必要もありません。また、前述しましたがお客さんは自社の社員なので、ほとんど気を使いません

まとめ: 社内SEは伸び伸びと安定した働き方ができる

社内SEとして働くメリットについて、SIerとの比較を交えながら解説しました。おさらいすると、以下の4つです。

社内SEとして働くメリット

自社で使うシステムだから愛着が湧く

プレッシャーが少ない

業界や自社の給与体系に乗っかれる

生活が安定する

あくまでも筆者は社内SEとして働いた経験しかないため、SIerで働くメリットには触れませんでした。しかし、もちろんSIerにもやりがいや魅力はたくさんあると思います。ぜひ、両者を比較してみてください。

比較の際におススメなのは、IT業界に強い転職エージェントやサイトに登録することです。第三者の視点から相談に乗ってくれたり、あなたに合った働き方を提案してもらえますよ。代表的な転職エージェントやサイトには以下があります。ぜひ、まずは無料登録してみてください。

・エンジニアの新しい働き方を応援する【MIDWORKS】 新規会員登録

・グローバル・外資系・ハイクラスの転職支援サービス 【Samurai Job】無料会員登録

・ITフリーランスエンジニア向け案件、求人情報 【at-engineer】

登録することで、今の自分の市場価値を知ることができます。さらに、今世の中でトレンドとなっていたり必要とされている技術を把握できるため、今後身に付けるべきスキルが明確になりますよ。実は私も、新卒で入社した直後に無料登録しました。出回っている案件を見るだけでもモチベーションアップに役立ちますし、将来のキャリアを考える上での指標になるからです。あなたのエンジニアライフに幸あれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました